婚約形式の種類

婚約形式の種類

社会的に認められる、正式な婚約の方法としては、大体下記の5つの方法があります。


ただ、2人の結婚の意思が公に(家族や知人に)伝わればよいわけで、下記以外の方法でも納得の上であれば問題はないでしょう。


1.結納
2.結婚指輪・婚約記念品の交換
3.婚約通知
4.婚約式
5.婚約記念パーティ


1.結納(ゆいのう)は、古くから日本で行われている伝統的な婚約方法です。両家が一箇所に集まり、結納品の交換を持って婚約とする方法です。最も多く行われている婚約方法です。


2.結婚指輪や婚約記念品の交換は、結納品の変わりに婚約指輪(エンゲージリング)や、その他時計などの記念品を交換することで婚約とする方法です。

婚約パーティ等の中で指輪を贈ることも多いです。一般的にダイヤモンドや誕生石を送る場合が多いようです。


婚約パーティ3.婚約記念パーティは、レストランやホテルの小宴会場で友人、知人を招待して婚約を披露する方法です。堅苦しさがなく、リラックスして行えます。

パーティ中に婚約指輪を贈呈する事も多いです。


4.婚約通知は、婚約した事を友人・知人などに郵送(ハガキが一般的)で知らせる婚約方法です。もっとも手間がかからず合理的な方法といえるしょう。


5.婚約式は、もともとはクリスチャン同士が婚約する場合に行われていました。日本で言う結納に当たる婚約方法ですが、現在ではクリスチャンかどうかに関係なく行われています。


▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク