仲人とはどんな人のこと?

仲人って何する人?

仲人とは、本来は男女が知り合うきっかけをつくり、縁談から結婚式、披露宴まで両家の間をとりもってまとめる役目の人の事を言います。


仲人は、見合いのときは「世話人」、結納では「使者」、挙式・披露宴では「媒酌人」と、それぞれの役割ごとに、違う呼び名で呼ばれる場合もあります。


しかし、現代では恋愛結婚が主流で、本来の仲人の役割というのは殆ど必要なくなってきていて、現在では、挙式を見届ける立会人という意味が大きくなってきています。


結婚式・仲人いわゆる形だけの、形式的な”頼まれ仲人”が増えてきているわけです。


仲人は、見合いのセッティングをしたり、両家のしきたりや考え方、意見の相違などの調整、はたまた相談役となったりと、とても負担の大きな仕事でしたが、現代ではこういった役割は殆どなくなってきているようですね。


また、仲人自体を立てずに結婚式を挙げるカップルも増えてきており、仲人の役割もずい分変わってきています。


▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク