結納(ゆいのう)とは?

結納とは?

結納とは、古くから日本で行われている、伝統的な婚約方法です。


結納は本来、家同士の結びつきのしるしとして、両家が飲食する際の酒肴(しゅこう)を贈りあう事を意味するようですが、結納の意味や方法は地域や家によってかなり開きがあります。


結納例えば、関東では男女双方が同時に結納品を交換するのが一般的ですが、関西方面では男性から結納品を送り、後日、女性から男性へ贈り物をするのが一般的なようです。


そのため、自分たちはどういった方法で結納をするのか、お互いによく話し合って決める必要があります。(ここでもめてケンカにならないように・・)


また、結納の形式には仲人を立てる伝統型結納や、仲人を立てない略式型結納があり、現代では略式結納が主流です。



伝統型結納
結納現在では、殆ど見受けられないようですが、仲人が両家を往復して結納品を収める、本格的な結納方法です。


仲人は、最初に男性宅で結納品を預かり、その後女性宅へ向かい結納品を飾りつけて納めます。女性側は結納返しをする場合は結納品を、省略する場合は受書を仲人に渡し、男性宅へ届けてもらいます。



略式型結納
仲人を立てず(立てる場合も有)、どちらかの自宅、もしくは料亭やホテルなどにお互いが集まって結納品を交換する、現代的な結納方法です。


結婚式場などでは、結納用の部屋から結納品、進行役の司会など全てセットになった、”結納パック”等もあり、費用は大体10万円前後のようです。(けっこうしますね。。)


結納に関しては、地域や家によって考え方も様々で、これが絶対に正しいというのはありませんので、お互いによく話し合って決めるのが良いと思います!


▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク