結納を行う日程は暦で決める?

結納の日程

結納は、結婚式の6〜3ヶ月程前に行われるのが一般的なようです。

お互いの両家にとって都合の良い日にち、場所や方法をよく話し合って決めましょう。


時間帯としては、暗くならない昼間のうちに済ませるのが通常です。

午前中に結納式をして、その後両家で食事をとり、夕方頃までにおわらせるというのが一般的なパターンです。

結納結納を行う日にちは、多くの場合大安や友引、先勝などの吉日を選ぶ傾向にありますが、これは殆ど迷信といっていいと思います。


この暦は、古代中国の「六輝」という昔のカレンダーの特色なので、現代のカレンダーには当てはまらないのです。


なので、あまり暦にはこだわらずに双方の都合を第一に考えた方が良いと思います。


まあ、そうはいっても、やっぱり吉日にしたいという気持ちもありますけどね(^^;


特にお年寄りなどで気にされる方がいる場合は、ある程度吉日を中心に選んだ方が良いかもしれません。


ちなみに、それぞれの意味としては下記のようになります。

・大安(たいあん)・・・午前午後ともに吉で、結婚や開業に向く大吉日
・先勝(せんしょう)・・・午前は吉、午後は凶
・友引(ともびき)・・・開業や結婚式は吉。葬式は凶
・先負(せんぷ)・・・午前は凶、午後は吉
・赤口(しゃっこう)・・・消極的に、何事も忌んだ方が良い
・仏滅(ぶつめつ)・・・大凶。慶事は避けた方が良い


基本的に結婚には大安が大吉、先勝・友引が吉、先負・赤口・仏滅は凶とされています。


ただ、暦にはあまりとらわれずに、基本的にはお互いの都合の良い日、誕生日や記念日などで決めると良いように思います。


▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク