結納品を揃えよう!

結納品を揃える

結納品の組み合わせにはいくつかのパターンがありますが、九品目が正式とされています。


九品が正式ではありますが、最近では省略して七品や五品といった組み合わせが多く、さらに省略した三品の組み合わせもあります。


ただ、省略する場合はどの場合でも、必ず奇数になるように組み合わせましょう。





結納品の九品の種類と意味は、下記のようなものです。

1.目録(もくろく)
  結納品の品名、数量などの内容を記載

2.金宝包(きんぽうづつみ)
  結納金を包みます。

3.勝男節(かつおぶし)
  かつお節。万一の場合の備えとして長期保存が出来る
  食料。男性をあらわします。

4.寿留女(するめ)
  スルメ。長期保存できる食料で、女性の幸せと長寿を願う。

5.子生婦(こんぶ)
  昆布。子宝に恵まれ子孫繁栄を願う。

6.友白髪(ともしらが)
  麻糸。夫婦そろって白髪になるまで仲良く、一緒にくらして
  いけるよう、長寿と健康を願う。

7.末広(すえひろ)
  純白無地の扇子が2本1対になったもの。末広がりの形は
  めでたさを願った形。

8.家内喜多留(やなぎたる)
  酒を入れる朱塗り酒樽。一家の幸せを願う。現在は現物の
  変わりに現金を包むことも多いようです。

9.長熨斗(ながのし)
  あわびを長く伸ばして干したもの。長寿を願う。


一般的に、関東は合理的に簡略した組み合わせが多く、関西では正式な組み合わせがこのまれるようです。


結納品の中にエンゲージリングも含める場合は、金包の項に”結美輪付”と記載して、結納品の数自体は奇数になるようにしておきましょう。


▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク