結婚式・披露宴の招待状の返事

結婚式・披露宴の招待状の返事

自分が結婚式・披露宴にまぬかれて招待状を受け取った場合、返事は可能な限り早めに出しましょう。


招待状には、返信用のハガキが同封されているので、出席か欠席かに印をつけて返信します。


招待状には、何日までに返事をほしいと記載があるのが通常なので、どんなに遅くとも先方の希望している日にちまでには到着するようにしておくのが礼儀です。


料理の準備や席の並びなど、招待客の出欠によって準備も変わってくるため、遅くに返事をすると先方の迷惑となってしまうからです。


仲のよい友人などは電話や直接あって出欠の確認をする場合もあると思いますが、それでも招待状を受け取ったら早めに返信するに越したことはありません。


また、返信する際はハガキに記載された先方の宛て名の「〜行」を2本線で消して、「〜様」に書き直しておきましょう。


「御なまえ」、「ご住所」などの、”お 御” や、御芳名の「御芳」なども同じように2本線で消しておきます。

そして、「結婚おめでとうございます」や「喜んで出席させていただきます」、「当日を楽しみにしています」など、お祝いの言葉を一筆記載しておくとよいでしょう。


もし、都合上欠席する場合は、お祝いの言葉とともに、欠席の簡単な理由を書いて返信しましょう。

ただし、病気や事故、仏事、葬儀などでの欠席の場合は「所用のため」など、その理由をはっきり書かないでおきます。


▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク