お色直しのポイント

お色直し

お色直しの本来の意味は、花嫁が花婿の家風になじむ為の決意として、白無垢から色振袖に替えるというのが元々の意味のようです。

ただ、最近ではこういった考えは殆どなく、式服からパーティウェアに着替え、華やかな花嫁を見てもらうことにあるようです。


お色直し基本的には、結婚式の主役が招待客をほったらかしにして席を外すのは、マナー違反といえます。

そのため、お色直しもあまり頻繁に行うのはよくないといえるでしょう。


最近では、新郎のお色直しも珍しくないようですが、お色直しはできるだけ新婦だけにしておき、新郎は招待客に感謝の意を表するのが礼儀といえるでしょう。


また、新婦のお色直しも3回も4回もやったのではこれもちょっと問題です。(そんなにやる人もあまりいないと思いますが(^^;)

お色直しはせめて1回、それも出来るだけ短時間で済ませられるような服装が良いといえます。


▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク