司会者との打ち合わせは慎重に!

司会者との打ち合わせ

司会者とは、当日どういった感じで披露宴を進めていってほしいのか、綿密に話し合っておきましょう。


新郎新婦で、大体のプランなどを決めて、それをもとに司会者との打ち合わせに入ると、比較的スムーズに決まっていくと思います。


どんな感じの披露宴にするのか、招待客の数や客層、演出や余興、スピーチを行うタイミングとその人数、お色直しの回数、予定通りに進まなかった場合の対処法など、打ち合わせしておくことは結構あります。


結婚式・披露宴そして、打ち合わせで決めたことは口あわせではなく、必ずメモにして書類で残したほうが確実です。

特に、スピーチをされる方の名前の読み方などは、ふり仮名をつけておくなど間違いのないようにしておきたいものです。

名前を呼ぶのに、なんと読むのかわからない、間違って呼んでしまった、等と言うことは絶対に避けたいですからね。


また、これだけは話してほしくないとか、こういったことだけはやってほしくないと言うようなことも前もって話しておくと、トラブルも少ないと思います。


▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク