神前結婚式

神前結婚式とは

神前結婚式とは、もっと一般的に行われている日本固有の挙式です。

三三九度の杯をを中心とした、厳かな雰囲気の挙式です。


本来は神社で挙式しますが、現在ではホテルや結婚式場に設けられた神式用の祭壇を利用する場合が多いようです。

神前結婚式の席次は下記のような感じになります。


神前結婚式の席次例





神前結婚式の進め方

1.斎主斎員、参列者入場・着席
神座に向かって右が新郎側、左が新婦側です。
神座に近いほうから父母、兄弟、親族と関係の深い順に座っていきます。


2.修祓(しゅうふつ)の儀
災厄や心身のけがれを清めるおはらいの儀式で、一同起立して頭を下げます。


3.献饌(けんせん)の儀
斎主が神前の神饌案(神饌をのせる机)に塩やお米などを供えます。


4.祝詞奏上(のりとそうじょう)
斎主が二人の結婚を神に報告し、祈りと祝福の祝詞をあげます。全員起立して祝詞を聞きます。


5.三献(さんこん)の儀
いわゆる「三三九度の杯」と呼ばれるものです。

新郎新婦が交互にお神酒を飲み交わすことにより、夫婦の契りが結ばれます。

新郎新婦は斎員から杯を受け取り、3口に分けてお神酒を飲みます。お酒が飲めない場合は口だけつけます。

盃に巫女がお神酒を注ぎ、新郎新婦が交互にお神酒を飲んで一献とし、小中大3つの盃でこれを繰り返す(三献)ことで、三三が九で、三三九度ともいわれます。


お神酒を飲む順序としては、

一献・・・小盃のお神酒を新郎、新婦、新郎の順で飲みます
二献・・・中盃のお神酒を新婦、新郎、新婦の順で飲みます
三献・・・大盃のお神酒を新郎、新婦、新郎の順で飲みます

となります。


6.誓詞(せいし)奏上
新郎新婦が夫婦になったことを神前で誓います。

新郎新婦が玉串案の前に出て、新郎が誓詞を読んだ後に新婦が自分の名前を読み上げ、読み終わったら誓詞を玉串案の上にのせます。

また、誓詞は新郎の代わりに、斎主、または仲人が代読する場合もあるので、事前の式場からの説明をよく効いておきましょう。いずれの場合も、一同起立して誓詞を聞いておきます。



7.玉串奉奠(たまぐしほうてん)
玉串とは、神榊の小枝に半紙で作った紙垂を下げたもので、挙式が滞りなく終わった礼として行うものです。







8.指輪交換
指輪交換は欧米のしきたいですので、必ずしもする必要はありません。

また、指輪交換をする順番も、三献の儀の後に行ったり、誓詞奏上の後に行ったりと特に決まってませんので、式場の支持に従います。

最初に新郎が新婦の左手くすり指に指輪をはめ、その次に新婦が新郎の指に指輪をはめます。
指輪は宝石のついていない、金製のものが一般的です。


9.寿の舞
太鼓や笛などに合わせて踊ります。
昔は神前で舞の奉納をしていたようですが、現在では希望者以外は無いようです。


10.親族杯の儀
結婚による新たな親族の誕生を祝い、絆を固めます。


11.退場
斎主の後に新郎新婦、参列者と退場します。


▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク