教会結婚式(キリスト教結婚式)

教会結婚式(キリスト教結婚式)



教会での結婚式は、原則として新郎新婦のどちらかがキリスト教徒である必要があります。

しかし、牧師や教会運営者によっては挙式できる場合もあるので、問い合わせてみるのがよいと思います。

また、ホテルや結婚式場にもチャペルが設けられている場合は、キリスト教徒でなくとも挙式をあげることが可能です。



教会結婚式の席次例






キリスト教結婚式の進め方や席次は、信者か信者でないかや、プロテスタントかカトリックか等の宗派、教会や司式者等によって順序や内容が変わってきます。

下記は、プロテスタントの大まかな式の流れを記載しています。


教会結婚式の進め方

1.参列者入場・着席
教会での結婚式は、先に参列者が入場、着席しておきます。
祭壇に向かって右側に新郎関係者、左側にに新婦関係者が着席します。

入場する際には、中央のバージンロードを踏まないように気をつけておきましょう。
また、バージンロード沿いの席に空席ができないよう、バージンロード沿いの席から座っていきます。


2.新郎入場
新郎がウエディングマーチの演奏とともに、祭壇右側から仲人・友人(ベストマン)らと入場します。


3.新婦入場
新婦が父親とともに、バージンロードを歩きながら入場します。
この時、一同起立して父親が新郎に新婦を引き渡すのを見守ります。








4.賛美歌(聖歌)合唱
全員起立したまま、オルガンに合わせて讃美歌を歌います。歌い終わったら着席します。







5.聖書朗読・祈祷
牧師が聖書の一節を朗読して、新郎新婦のために神に祈りをささげます。



6.誓約式
式の中心となる部分で、牧師が「○○○○(新郎の名前)、あなたは△△△△(新婦の名前)と結婚し、神の定めに従って婚姻を結ぼうといしています。あなたは、その健やかなときも、病めるときも、つねにこれを愛し、これを敬い、これを慰め、これを重んじ、これを守り、その命の限り、固く節操を守ることを誓いますか?」等、新郎新婦に結婚の誓いを求め、新郎新婦が参列者の前で結婚を誓います。


7.結婚指輪の交換
牧師の祝福を受けた指輪をお互いの左手薬指にはめます。






8.祈祷・宣言
新郎新婦の右手を重ねた上に、牧師が手を置き神の恵みがあるよう祈ります。


9.新郎新婦退場
新郎新婦がバージンロードを歩きながら退場します。








▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク