仏前結婚式

仏前結婚式とは

「二人の結婚は生まれる前からの因縁」と言う考えを元に、仏の前で夫婦の結婚を誓い、その因縁を仏に感謝します。

形式的には神前結婚式に共通しています。



仏前結婚式の席次例





仏前結婚式の進め方

1.参列者入堂
父母、親族が入堂します。本尊に向かって右側が新郎関係者、左側が新婦関係者が着席します。


2.新郎新婦入堂
新郎は仲人に伴われて、新婦は仲人夫人に介添えされて入堂し、正面で着座します。(上図新郎1、新婦1の場所)




3.敬白文朗読
司婚者の僧侶が入堂して焼香し、本尊に向かって、

「新郎新婦が夫婦の約を結び、婚礼の契りを誓う。願わくば剛柔相扶け、敬愛の誠を尽くし、四恩に報い奉るべし」

と言うような内容の敬白文を朗読します。この間は、一同起立して聞きます。


4.念珠授与
司婚者が仏前に供えた二つの念珠のうち、白房の念珠を新郎に、赤房の念珠を新婦に授けます。新郎新婦は、この念珠を左手の親指以外の4指にかけて合掌します。


5.司婚の辞
司婚者が新郎新婦に、結婚生活を終始苦楽を共にする誓い求め、それぞれ「誓います」と答えます。キリスト教式の誓約にあたります。


6.新郎新婦の焼香
最初に新郎、次に新婦の順に左手に念珠をかけたまま、右手で焼香します。焼香は一回でOKです。

焼香が終わったら、新郎新婦はそれぞれの席に着きます。(上図新郎2、新婦2の場所)

7.誓杯の儀
三三九度の杯の事で、神前結婚式と同じ感じで杯を交わします。







8.司婚者法話
司婚者が二人の門出を祝って祝福の言葉を述べます。


9.退堂
司婚者、新郎新婦、仲人夫婦、家族、親族の順に退席します。


▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク