和風の披露宴

和風の披露宴とは

本来の伝統的な日本の和風披露宴は、自宅で座敷に座っての本膳料理となりますが、現在では自宅で行うことは殆んど無く、料亭や結婚式場での披露宴が主流です。

披露宴会場には、「寿」や「鶴亀」などの軸物、松竹梅の生け花や盆栽などを飾り付けます。

和風披露宴は和やかな雰囲気で行えるのはよいのですが、座が乱れやすい一面もあります。


また、近年では和風といっても、披露宴会場もテーブルと椅子で、料理だけ和食にする場合も多く、披露宴の内容などは洋風と似たような感じになってきているようです。

座敷での披露宴は、伝統を守っている一部の地方に限られているのが実際です。


一般的に日本間では、正面(床の間)に向かって左側に新郎、右側に新婦が座ります。

新郎新婦は末座に座るのが礼儀とされていますが、現在では新郎新婦をよく見える上座に据える場合が多いようです。


▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク