お色直し

お色直し

お色直しは本来、純潔をあらわす純白の衣装から、婚家のしきたりに染まると言う意味で、色鮮やかな衣装へ着替えていたようですが、現在では花嫁の美しさを皆に見てもらうために行われています。

本来、招待客をほったらかして主役の花嫁が席を立つのは礼儀違反なので、お色直しの回数は出来れば1回、多くても2回までにしておくのが無難でしょう。

お色直しの際は、出来るだけ招待客に気づかれないように席を立ち、司会者からもお色直しのため新婦が席をはずしている非礼を、一言お詫びしてもらうと良いでしょう。

最近は花嫁だけではなく、花婿もお色直しをする場合があるようです。


▼同じ悩みの花嫁さんとの会話、ウェディングノートに結婚段取りチェック
>>ゼクシィnetで結婚の不安を解消!【無料です】

▼妊娠すると保険に入りにくい?本当に必要な保険って何だろう?
>>保険の疑問や不安は、ゼクシィの保険ショップで解決!




スポンサード リンク